社員紹介弊社社員には一種一様な働き方があります。

お知らせ

入社3年目の高橋さんが、母校である熊本ビジネス専門学校のパンフレットに紹介されました。

システム開発部の高橋さんは、弊社の事業であるSESの経験を得て、学生時代から資格取得やビジネスマナーの積み重ねが大事と語っています。

社員インタビュー

システム開発部 荒川純
凄腕の先輩達が私を奮い立たせる。

 在学中、成長意欲の高い私にぴったりの会社だと先生から薦められました。説明会で社長から「当社の技術者は非常にスキルが高い」というお話を伺い、そんな先輩方と一緒に仕事をしたいと入社を希望しました。

入社前研修で指導してくれた先輩方の豊富な知識、高度なスキルに早くも尊敬の念が芽生え、「早く私もプロになろう」と決意しました。

 現在は、メガバンクの為替取引システムの構築に携わっています。数々の難題にぶち当たりながらも克服し、同時にスキルもつくことが驚きです。この理想的な環境は、私の中にある「成長を目指すパワーの源流」です。

システム開発部 太田勇輔
幅広い業務と環境が私らしい生き方を実現。

 入社間もなく、メガバンクのネットワーク構築、サーバ構築など、インフラ周りの業務に従事しました。未熟な私も早い段階から様々な分野の開発フェーズに携われたことで、今ではひとりで全てを対応できるまでのスキルが身につきました。

 一方、当社では無理な残業などの過酷な状況に陥りそうになると、働き方の見直しを提案してくれるので、疲弊することはありません。ワークライフバランスを常に意識した雇用環境と、新人にも任せる気風は、早い成長をもたらすだけでなく、自分らしさを大切にした生き方を実現させてくれます。

システム開発部 井之上京太郎
社内の強い絆と信頼が支えになっている。

 入社前研修及び入社後の資格取得に向けた学習、そして早い段階から任される責任ある仕事のおかげで、私の技術はわずかな年月で格段にアップしました。

 私の取り組んだ製品が世に出て、自分の目で見ることができた瞬間は、大いなる感動を覚えたものです。そして本当にこの仕事に就いてよかったと心から思えました。社長をはじめ、先輩方や仲間たちとの強い絆と互いの信頼が私の支えになっています。

 現在、私は新人の研修担当を任されていますが、技術力、考える力、マネージメント力など更なるスキル向上に繋がっています。

システム開発部 森藤健太
課題を解決したときの喜びは大きく、価値のある知識を身につけた、という自信につながります。

 プリンタ複合機を動かす組込アプリケーション開発業務をしています。

 プロジェクトとしては、やっと新製品開発の終わりに近づいてきたという時期で、 実際の試作機を目の前にした検証作業なども行っています。現在の作業は全てチームで行われていて、毎朝、その日の作業内容の細かい指示をいただけるようになっています。そのため、迷わず作業に没頭できるのが非常に嬉しいです。

 いちばん大変なのは課題が発生し、その都度検討・対応を行っていかなくてはならない時ですね。 課題の検討をしていると、新たな課題が発生する場合も多く、なかなか収拾がつかないことにもなってしまいます。ただ、その分、解決の目処が立ってきたときの喜びは大きく、また価値のある知識を身につけた、という自信にもつながります。

システム開発部 藤田英理沙
いちばん変わったのは、先を見ながら作業を進められるようになったこと。

 経営情報システムというアプリケーション開発業務をしています。

 開発依頼を受け、打合せ、設計書の作成、プログラミングというのが作業の基本的サイクルですが、その合間には、多いときは一日何回もレビューを行います。レビューと言うのは、資料をもとに出来上がった成果物を説明する作業で、ここでいろいろな意見を聞いて軌道修正しながら作業を進めています。もともとプログラミ ングの作業などは大好きでしたから、本当に自分にあった仕事をしているなと感じ ています。

 現在の業務を始めてから3年経ったところなのですが、いちばん変わったのは先 を見ながら作業を進められるようになり無駄が少なくなった、という面ですね。それと、以前は先輩などに聞くことばかりだったのですが、最近では後輩にいろいろな事を教える立場になったこと。そうなっていちばん感じたのは、人に理解できるように物事を伝える難しさですね。

システム開発部 村上雅彦
プログラミング技術力と同じくらい、しっかりとお客様に説明できる能力が求められます。

 生命保険システムのネットワーク設計業務を行っています。

 現在の作業はネットワークの基本設計書の作成です。これは常に何人かのチームで行われるもので、工程ごとに設計書を作りながら、お客様とレビューを繰り返し、最終的にお客様の希望に合うように仕立て上げていくものです。

 こうした作業では、プログラミングなどの技術はもちろんなのですが、それと同じくらい、文章を相手にわかりやすく書いたり、説明したり、きちんと伝える能力が求められてきます。これは学校などでは体験することのできないものなので、今の業務先でも先輩に仕様書や手順書の書き方、あるいはしっかりとした伝え方などを丁寧に教えてもらえ、大変助かっています。ただ、基本的な作業に関しては自己管理が基本で、毎日の作業も自分でスケジュールを企て、管理しています。ですから、仕事の優先順位や見切りの付け方なども非常に大切だと感じています。

Menu