社員紹介弊社社員には一種一様な働き方があります。

社員インタビュー

  • システム開発部
    村上篤
  •  円カストディシステムの保守業務を行っています。円カストディシステムとは、投資家の代理として有価証券を取引するシステムです。

     世の中に貢献できるシステムの開発や保守業務をしていると感じます。そんなシステムを、プロジェクトとして複数人で開発することは、難しいと感じます。そんな一筋縄ではいかない所にやりがいを感じます。

     入社して3年ほど経過しましたが、業務を日々進めていくだけでは開発者としてスキルは伸びないと感じました。その為、自発的に学習することを日々意識しています。その点は、成長を実感できる点です。今後はフロントエンド、バックエンドと開発ジャンルを問わないような、また将来的には運用スキルも兼ね備えたWebエンジニアを目指したいと考えています。

システム開発部
上田雅人

 現在はメガバンクのシステム開発を行っています。自社での研修や現場でのOJTを経て自信を持ちながら業務に従事しています。大きなシステム案件の場合、開発期間は長くなりますが、その分システムを本番稼働環境で稼働させるためのリリースが問題なく完了したときには達成感が得られます。新人のうちはコーディング・単体テスト等の下流工程を担当すると思いますが、それらを自分一人でこなせる力が付きお客様の業務要件を理解できると徐々に要件定義等の上流工程を任されるようになります。開発計画に基づきチームの一員として作業を一つずつこなしていく事で自信に繋がっていくと思います。

 私は将来的にはAIや機械学習の分野にも携わっていきたいと考えています。今後そういったチャンスが巡ってきた時に備え、計画を立て勉強に励んでいます。

システム開発部
飯島勇輝

 車載搭載ディスプレイオーディオのAndroidアプリケーション開発業務をしています。現在は不具合の修正・新規機能の実装・試験書の作成といった様々な作業が割り振られ、スピード感のある現場で日々最善を尽くしながら働いています。

 私は学生時代プログラミングの経験はありませんでしたが、入社前研修を通してJavaの基礎を学び、入社後1か月で今の現場に配属となりました。最初はわからないことだらけで悔しい思いをしましたが、作業の情報を正確に集め、自分が聞きたいことを明確にして、チームメンバーや先輩に相談して、コツコツと作業を進めていくうちに実力がついてきました。

 今後はAndroidアプリケーション開発のプロとして経験を積みながら、AIエンジニアに向けてのG検定、E資格の取得を目指しています。そして、AIを社会に有用なものとして提供できるようなAI事業部を当社内に立ち上げることが大きな目標です。

システム開発部 工藤渉

 入社間もなく、メガバンクのサーバ構築などのインフラ周りの業務に従事してきました。 新人であった私はプロジェクトの中盤から開発に携わり、今ではシステムの保守及び運用を任されるようになりました。社内の先輩と同じプロジェクトに参画しましたが、身近に相談できる先輩がついていたことで業務内の課題を乗り越えることが出来ました。

 現在携わっている業務はお客様が身近にいるプロジェクトであるため、相手の考えを汲み取るようなコミュニケーションの機会が発生します。相手の目線に立った文章を書いたり、説明し伝える能力が求められます。こうした中でも、自分自身に芯を持ちつつ相手の考えを理解し、物事を前に進めていくことが大切だと感じています。また、自分の行ったことを振り返って前へ進める実行力が更なるスキル向上へ繋がります。

技術翻訳部
川上晃奈

 VPNを使用して安全にクラウドへ接続できるサービスを提供しているチームに所属しています。その中で、資料やメールの翻訳、電話会議での先方との調整などの業務を担当しています。

 初めは技術的な知識もなく分からないことばかりでしたが、先輩に教えていただいたり自分で勉強するうちにできることが増え、最近ではある程度裁量をもって業務を行わせていただけています。チームの一員として業務を行うので、認識齟齬が生じないようコミュニケーションを取ることの大切さを実感しています。業務以外についても部内で相談しやすく、先輩から頂いたアドバイスを参考にすることもあります。

 いちばん大変なのは課題が発生し、その都度検討・対応を行っていかなくてはならない時ですね。 課題の検討をしていると、新たな課題が発生する場合も多く、なかなか収拾がつかないことにもなってしまいます。ただ、その分、解決の目処が立ってきたときの喜びは大きく、また価値のある知識を身につけた、という自信にもつながります。また、資格褒賞制度があり、スキルアップのための行動を起こしやすい環境が整備されていることが弊社の特徴のひとつだと思います。業務に関する知識を深めたり、自分の興味を伸ばすのに活用しています。

Menu